予防歯科|ココセトデンタルクリニック|菊名,歯周病,フッ素塗布

平日夜8時半まで 土曜・日曜も診療 045-430-4618
  • ホーム
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • コンセプト
  • 料金表
  • 滅菌対策
  • 交通アクセス
  • 採用情報

ココセトデンタルクリニック


予防歯科

予防歯科とは

予防方法の種類

今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。しかし、虫歯になると歯の一部を失いますし、歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。そのため悪くならないように予防していく事が必要になってきました。

歯科医院として予防のお手伝いをすること、それが予防歯科です。
健康で快適な人生のためにずっと自分の歯で食べられる幸せをサポートします。


予防方法の種類

■ 定期健診

定期的に歯の診断を受けることで、虫歯などの早期発見につながります。
歯と口腔内、体の健康の為に、定期検診(3~6ヶ月に一度)を受けられる事をおすすめいたします。


■ フッ素塗布

幼児期特に乳歯萌出直後や、永久歯の萌出直後は歯が柔らかく、虫歯になりやすい状態です。その時期に、定期的(3~4ヶ月に1度)にフッ素塗布を行う事により、歯が虫歯になりにくい硬い歯になります。健康な歯を作るためには最適な手段だといえます。

■ PMTC

PMTCとは、専門家による歯のクリーニングです。ご自宅では落としきれない汚れを徹底的にクリーニングを行うことで、予防につながります。

>> PMTCについて詳しくはこちら


メインテナンスの重要性

予防歯科歯周病は必ずと言っていい程、再発が多い病気と言われています。
その理由の一つにこのメインテナンスを受ける習慣が日本人には定着していないことが挙げられます。
歯周病治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ再発してしまいます。実際に長期間にわたり歯周治療を行い、いったん健康を取り戻したにもかかわらず、メインテナンスを行わなかったばかりに数年後に再発をしてしまい、抜歯しなければならない状態になった患者さんもいます。

治療終了直後はブラッシングも非常に一生懸命に行っていますが、時間とともにだんだんおろそかになって行く場合もあり、再び歯周病菌が増殖し再発を起こしてしまうのです。
メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理することにより歯周組織の健康を維持していくことです。

当院では、患者様にメインテナンスの重要性をしっかりと説明し、共に歯を守るお手伝いをしております。


このページの先頭へ

横浜市港北区篠原北2-1-10-1F